出版案内

オンライン書店からご購入いただけます

京都に女王と呼ばれた作家がいた

『京都に女王と呼ばれた作家がいた 山村美紗とふたりの男』
著者 花房 観音
定価 1,500円(税抜)
発行年月日 2020年7月26日
判型 四六判上製 228ページ
ISBN 978-4-908443-52-7
Cコード 0095
刷り 1刷

内容紹介

「京都で人が殺されていないところはない」
京都に住み、京都の女を描き続ける花房観音が描く、京都に住み京都を描き続けた、山村美紗の生涯。
今ではあたりまえの、ミステリアスな京都の町の面持ちは、山村美紗の小説とドラマ化された作品からきていると言っても過言ではありません。

1996年、日本で一番本が売れた年、帝国ホテルで執筆中に、ベストセラー作家・山村美紗が亡くなりました。
書きたくて、書きたくて、あふれ出るトリックに手が追い付かなくて。でも、江戸川乱歩賞はもちろん賞に縁がなかったことからくる、もだえるほどのコンプレックスから解放されることなく逝った美紗。
今は、京都東山の泉涌寺の「美」と大きく大書した墓石の下に眠っています。

 

目次

・目次

・序章

第一章 京都の作家

第二章 出生、結婚

第三章 江戸川乱歩賞

第四章 デビュー、ベストセラー作家へ

第五章 京都組

第六章 戦死、ふたりの男

第七章 京都に女王と呼ばれた作家がいた

・あとがき

・参考文献一覧

・山村美紗年表

・山村美紗著作一覧